旅行

はとバス日帰りツアー 清里高原ぶどう狩りへ行ってみた


行った日 2017年9月17日
投稿日 2018年6月30日

このツアーに参加した際には、まだブログは始めていないし、開始の予定もない時期。
なので覚えている範囲&画像などで資料が残っている範囲での記事となります。

この日、実は台風が接近していました。
ニュースではかなりの暴風雨になると煽っていましたが、終わってみると小雨とわずかな強風で済んだこの日。

こういった状況でのツアーはどういう風になるのかも含め、参考になさってください。

台風接近だとツアーはどうなるか

旅程はどう変わる?

さて。
この日の元々の予定工程はこの通り





↓徒歩
↓徒歩




しかし冒頭&タイトルに書いた通りこの日は台風が接近しており、出発時点で雨こそないものの、ものっすごい風。

あー。色々ダメになっちゃうかなー。。残念。と内心ヒヤヒヤしながらの出発です。

台風のおかげで高速道路をスイスイ

しかし。しかし。
予想に反し、台風さまさまと言いたくなるような効果が。

高速道路がめちゃくちゃ空いている!イエーイ♪

この日は3連休の中日。
行楽のものすごい行列で渋滞にはまり、どこが「高速」道路だよ!と言いたくなるような状態が普通の中央道。
それが閑散とまではいかないものの、「高速」道路の役割を果たしているっ!

さんざん天気予報で大型台風接近!と煽っていましたが、実際は車ならへっちゃら程度の強風。
この天気予報の煽りのおかげでお出かけを中止にしたご家庭が多かったようです。

バスの中で飽きて暴れたら…
トイレと言い出したら…
これを心配していた子連れの我が家は本当に助かりました。


サービスエリアでも時間に余裕がありニッコリ
示し合わせてないのに、ソックリの変顔で笑う親子。。。

しかし工程の変更

高速は本当に助かりましたが、そこはやはり生憎の悪天候。
工程にはこのような変更が。

変更 変更


↓徒歩
↓徒歩







うーん。パノラマリフト行きたかったな~
でもさすがに風があると難しい。

残念ですが仕方ない。
今回の目的はぶどう大好きな娘のため、ぶどう狩り。
メインイベントは無くならないので、良しとします。

ポジティブに考えると中止になったり高速が空いていて移動が早い分、1か所にとどまれる時間に余裕ができたようなので、じっくりゆったり割り切って楽しみたいと思います。

まずはハーブ庭園

ツアーガイドには単に「ハーブ庭園」としか書いておらず、ひょっとすると複数のハーブ庭園がありどこへ行くか日によって変わる等の事情があるかもしれません。
とりあえず私たちが訪れたのはこちら

「勝沼庭園」

小雨の中、散策スタート!
まずはバス乗車客全員で行動します。

その名の通り種類豊富なハーブが並ぶ庭園だったのですが、はとバスだからでしょうか?
庭園のガイドさんがついておりその話が面白い!
ハーブよりガイドさんが印象に残っています。

画像のハーブはステビア。
ガイドさんより食べてみて甘みを感じてみてくださいという事で娘もパクリ。
しかし天然のステビアには苦みも残っていてすぐに泣きそうな顔になる娘(笑)

他にもいろいろなハーブを見て回りましたが、まあ娘にとっちゃただの草。

ステビアのあとは娘が走りたくて仕方なくなってしまって娘の相手に必死になり、このあと何を見たか、ガイドさんが何を言ってたか全然頭に残ってません!
ガイドさんは何かハーブから作られた化粧品のステマをしてたような気がします(笑)

そして、自由時間にはずっと娘は庭園のコイにエサをあげてました。

メインイベント ブドウ狩り!

いよいよぶどう狩りです!

この日訪れたのはこちら

金原園

先ほどのハーブ庭園同様、工程表には園名の記載がないので日によって違うのかも?
周りはブドウ園ばかりでしたし。

ぶどう狩りの注意事項

まずは店舗敷地内で説明
・狩ったぶどうはブドウ園内で食べること
・食べきってから、次を収穫すること
・収穫したブドウを持ち帰ることは不可

えー。そうなの?

実は果物に全く興味がない私。
果物狩りはこれが初めてです。
持ち帰りできると思ってた~~~~~。

ぶどうを持って帰りたい人はブドウ園で狩ったものではなく、店舗で購入するシステム。
モラルのない取り方はするつもりないし、1人何房とか制限つけてもいいから、自分で収穫したブドウを持って帰りたかったな~。

気を取り直して、いざ収穫。

いざぶどう園へ

この時点で小雨もやみ、何だか晴れ間すら見えてきていい感じ。
ぶどう狩りについての説明を受けた後は、店舗から歩いて3分くらいのブドウ園へ移動します。

この時期取れるぶどうは巨峰。
しかも今回は種無しでした。
子連れにとっては種無しはありがたい。

まずぶどう園に足を踏み入れた途端の、娘の目の輝きといったら!
連れてきて良かった~と思った瞬間です♪

天井は低く、大人は若干屈まないといけませんが、この時期95cmの娘には届かない高さ。
お父さんと共同作業で収穫します。

収穫して嬉しすぎてピースサイン。

やはりぶどう大好きな娘。
次を収穫したいけど、食べなきゃ次、いけません。

というわけでどんどん食べる。

どんどん食べる。
ハサミとバケツは貸していただけます。

そしてこの日、気づいてみれば娘は一人で

巨峰 3房

食べてました!!!

ひょえー、お腹の具合は大丈夫か、娘。
決して無理強いはしてません!
よっぽど美味しかったようです。

おなかも膨れたところで、時間になり終了。
店舗へ戻ります。

 

店舗でお持ち帰り用のぶどう販売

ここが、このブログをやる前なので資料を残せなくて悔いが残りますが、、、

確かどれもこれも キロ1000円以上で
・シャインマスカット
・ピオーネ
などなど高級品種が販売されていたように記憶しています。

少し訳ありの安いものもあったりして。

私たちは自宅用と、お友達へのお土産用にシャインマスカットを2房購入しました。

清里ハイランドパークビュッフェへ

9月の高原は肌寒い

到着したら、すっかり忘れていましたが台風接近中のせいか再び小雨が降っており、また高原だからか霧が出ていました。

写真は清里ハイランドパーク駐車場にて。
寒いので上着を着ています。

なんだかインスタ映えを狙ったような良い感じの写真で気に入ってます。


なんかいい感じに佇む娘

ブドウで満たされたまま、ビュッフェへ

うーむ。ぶどうで腹がいっぱいなのに、お昼ご飯とは。
でもビュッフェなので別腹ですかね。

とりあえず、行ったのはこんなとこ
清里高原ハイランドパーク内ビュッフェ

こちらではソフトドリンクが無料ではありませんでした。
水やお茶なら無料でしたが、私はウーロン茶が飲みたくて。
それから娘もカルピスが飲みたいとのことで、いつもなら食事時のジュースは禁止しているのですが、そりゃあ目の前にドリンクバーがあるのに飲むなって、酷ですよねええ。

ということでソフトドリンクバー 300円/一人 支払って利用します。

料理についてはまあ、特筆することはなし。
こちらの名産があるわけでもなかったし。
普通のビュッフェでした。
とはいえ、どれも美味しかったですよ!


チョコレートファウンテンを満喫

クラフト体験へ

ゆっくり食べても、旅程が変わり中止になっているものがあるので時間が余ります。
そこでパーク内歩いてみるとこんなものを発見

「クラフトフェスティバル」

クラフト体験できるスペースは常設してあるようですが、内容は時期で変動する模様。
わたしたちが行ったときは、ガラス?グラス?とミニチュアのお弁当箱を作るようなものと、オルゴールと時計。

その中で娘が興味を持ったオルゴール作りをしてみました。


その場では撮影をしなかったので、家に持ち帰って、娘が猫に見せているところですが。
猫は当然興味ない(笑)

・ねじを回す部分のカラー 我が家では緑をセレクト
・装飾の丸い部品のカラー 我が家ではピンク、黄色、青、赤をセレクト
・オルゴールの曲 我が家では美女と野獣をセレクト

上の3点を選んだら、オルゴールの取付はやってくださるので装飾の丸い部分に絵を書いてボンドで貼るだけ。

大人には物足りないかもしれませんんが、娘はこの時点で3歳。
このくらいの難易度でちょうどいいいです。
実際装飾の丸い部品の貼り付けも、不器用な配置になってますがそこがまた3歳らしくてとても良い出来になりました♪

ここまでやっても時間が余裕!
他にお土産店があったので、そこをゆっくり見て回り、時間を潰しました。

パイの家 エムワンへ

正直に言います。

私、こちらへは何をしに行ったのか、正直わかりませんん!!!

こちらへ到着し、全員でパイの試食。
そしてその試食したパイ含む、お菓子を販売する店舗なだけで、観光地でもない。
このお店以外の商品があるわけでもない。
椅子も数脚しかないので、はとバスツアー全員分なんか椅子ない。休憩所ですらない。
まして子供が遊ぶスペースもない。

何?
何しに来たの、私は?

お昼もおやつもさっきのビュッフェで済ませたよ?
私が知らないだけで、相当有名なお店なの?

確かにパイは具がずっしりと詰まっていて美味しいのは間違いなかったのですが、何か腑に落ちないままここで時間を過ごします。

ツアーに組み込まれていたので、何かしらあるのかと思っていました。
お店のかたには申し訳ないのですが、こちらへ寄る意味が本当にわからなかったです。


何もすることがないので、置いてあったお手玉をする娘

そして帰宅

全旅程を終え、バスは出発地へ。
途中SAに寄ったりするものの、一路新宿へ。

娘は疲れてバスの中で熟睡しておりました♪

帰りも台風の影響かスイスイと進みましたが、なんやかんやと時間は押し19時到着予定が19時半過ぎに到着。
これでツアーは終了です。

 

持ち物まとめ

・ウェットタオル ←必須! ぶどう狩りで、大量消費
・上着  9月なので、高原では肌寒く正解でした。
・タオル
・ぬりえ バスの中、やはり飽きますのであると便利です
・おむつ バスの中でトイレと騒いだ時の保険

あとは特には装備していってません。
お土産品を購入することを考慮すると軽めの荷物が良いと思います。

費用まとめ

はとバスツアー代金 大人 10,480円/1人あたり
子供   9,680円/1人あたり
お土産代 【ハーブ庭園にて】ブルーベリー100%ジュース 1,620円
【ぶどう園にて】シャインマスカット 値段忘れましたが 2房 3,000円前後だったような
クラフト工房 オルゴール製作 1,200円
ビュッフェにてドリンクバー 300円/1人あたり

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

最近の記事

アーカイブ

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. イベント・コンサート

    シルク・ド・ソレイユ キュリオスに行ってみた at.東京お台場
  2. イベント・コンサート

    ふなばし三番瀬海浜公園へ潮干狩りに行ってみた
  3. 旅行

    はとバス日帰りツアー 清里高原ぶどう狩りへ行ってみた
  4. アウトドア

    イレブンオートキャンプパーク場へ行ってみた
  5. 作ってみた

    ユニクロ UTme!でTシャツを作ってみた
PAGE TOP