アウトドア

イレブンオートキャンプパーク場へ行ってみた

行った日 2018年 7月 14・15日
投稿日 2018年 7月 24日

ママ友に誘われる形で、行ってまいりました。
初めてのキャンプ!

今回お誘いを受けたのは6月中旬でして、そこから7月のキャンプ場を探してもどこも空いていない…。

唯一 2家族分の2区画続きで空きがあったのが今回の

 www.eleven-camp.com 
イレブン オートキャンプ パーク
http://www.eleven-camp.com/index.html

「イレブンオートキャンプパーク場」です。

イレブンオートキャンプパーク場の特徴

高規格サイトのため金額高め

キャンプ初心者なので高いも安いも全然わからなかったんですけど、これを機に色んなキャンプ場情報でテント泊を見て回ると安いところだと数百円~高くても5,000円以内という場所が多い中、こちらはなんと

8,100円(電源付き)
・入場料 2,700円
・テントサイト5,400円

た、高い!
このお値段で夕食付とか、有料施設(プールやトランポリンなど)が無料になるとか。
そういった事はありません。

知らなきゃこんなもんか、なんて思っちゃいますが知ってしまうとやはり高いですよね。
しかもGW期間・お盆期間・3連休以上の休みには予約金が必要。

今回は3連休ですので支払いは事前に振込をします。
それ自体はいいのですけど。

子連れにとっては当日キャンセルで100%支払うのは致し方ないにしても子供の体調不良が続くことがあったりします。
7日前とかならなんとかキャンセル料なしで手続きをお願いしたいところですが、こちらは予約金をいったん振り込むと、2日前までに判明したキャンセルでも返金はなし。
支払った金額は半年間有効で次の機会に充てられるようです。

1日前は50% 残り50%が上と同じく半年間有効で返金なし
当日は100%

今回無事行けたから良かったものの、ちょっとこれは残念なところ。

 

良いところ

では良いところですが、高規格をうたっているだけあって設備が充実しているからだと思います。
今回のイレブンオートキャンプパーク場では

・洗い場がたくさんあるので混雑しない(無料)
・シャワーがある(無料)しかもシャンプーとボディーソープ付
・シャワー場に洗濯機もあった(使ってないのでコインが必要か不明)
・水洗トイレがある(無料)
・ピザの窯焼き場がある(無料だが、使用可能時間が決まっている)
・売店がある
・レンタル用品が充実
・日中は管理人が常駐
・分別すればゴミは持ち帰らず全てゴミ捨て場へOK(無料)
・炭捨て場もあり(無料)

他と比べると、このあたりがメリットのようです。
安いところは、上の洗い場、トイレ以外は何もないところもあるのだとか。
管理人も決まった時間に見回るだけらしいです。

さらに今回のこのキャンプ場は有料ですが
・子供用プール
・トランポリン
・ボルタリング
・釣り堀

と言った子供が嬉しい遊び場がたくさん。

無料の遊び場では
・ブランコ
・ラジコンサーキッド
・グラススキー場もありました。

こう聞くと高いお金を出してでもこの初心者向けの高規格サイトで良かったなという気がしてきます。

アーリーチェックイン

アーリーチェックイン時間は3種類

こちらでは規定のチェックインは13時です。
ですが、子供のために行くのでやはり早くチェックインを済ませて遊ばせたい。

と言っても本当は10時に行くつもりが、買い出しをするうちに到着したのが11時。
というわけで 私たちは 1区画当たり 1,080円の追加料金を支払ってチェックインしました。

10時チェックイン 1区画 2,160円
11時チェックイン 1区画 1,080円
12時チェックイン サービス

施設について

まずはキャンプ場案内図を渡される(画像あり)

まず、管理棟でチェックイン手続きを済ませると案内図や注意書きのプリントが入ったA4クリアファイルを渡されます。
こんな感じ↓

イレブンオートキャンプパーク 案内図

イレブンオートキャンプパーク 案内図

イレブンオートキャンプパーク 利用規程

イレブンオートキャンプパーク 利用規程

イレブンオートキャンプパーク 退場規定

イレブンオートキャンプパーク 退場規定

他にもプールの料金案内とか、猫がご飯を狙っています!とかそういった注意書きが入っていました。

ちなみに私たちはマーカーの入った25Bです。
管理棟から近く、子供のプール等の遊び場も近かったので助かりましたが、逆に言うと他の場所は回らなくても用は足りるので多目的広場やグラススキー場へは行きませんでした。。

緑が仕切りになっている奥行きのある区画

図面の通り、今回の区画は奥行きがあり、また隣の区画とは緑が仕切りになりプライベートも守られていました。

隣の車やテントがちらりと見えるくらい。

かなり奥行きがある。

入口にはこんな看板が。

ただ、この25A・Bを別の家族で予約したらどうなるんだろう?とか考えましたが、そもそも私たちのように友達連れで来ることを想定している区画なのでしょうか??

もし違うのならAとBには何も仕切りがないし、電源(AC)は1か所しかないのでキツイかなと思います。

テントを張ったら、丁度お昼どき。
この日は簡単にお蕎麦をゆでて済ませました。
お腹がいっぱいになったら早速子供と遊びます♪

早速子供と遊ぶ!

まずはボルタリング?クライミングウォール?


娘の身長はこの時点で98cm
98cmの子が挑戦しても危なくない高さと、難易度は低そうなのでとても楽しそうにしていました。

ヘルメットを貸し出してくださるようですが、暑すぎるのでこどもが被るのを拒否。
他に利用してる人もいなかったので、見ての通り好きなよう~に遊んでました。

15分100円です。

ブランコ

お友達と楽しそう。
よく見ると奥にもブランコがあるので、お友達と奪い合いにならず仲良く遊べます。
場所も日陰になっているので、長く遊んでいても安心。
無料です。

プール

こちらは見たままの大きさで、深さも30~40cmくらい?
子供用プールですが、料金を支払えば大人も付き添いと称して入れます。

この夏は40℃を超す猛暑日が続く、酷暑。
日陰に静かに座っていたって、汗がだらっだら流れる厳しさなので、さすがにわたしもお金を支払い娘と一緒にプールで涼をとりました。

午後からだったので、300円/1人あたり(半日料金)でしたが、1日だと500円/1人あたり のようです。

管理棟のすぐ近くだからか、監視員等はいません。
絶対に保護者の付き添いが必要です。
それから代金を支払うとリストバンドを渡され、それを腕につけることになっているので、支払っていないとすぐわかります。

ホンモロコ釣り堀

こちらはプール場奥にある小さな池でできる釣りです。

釣れなかったのですが、せっかくなので子供に釣竿を持たせる体験がてら。
釣れたらもっと良い経験だったのですけど、なかなか難易度は高そうでした。

暑すぎるためか蚊もいなかったし、のんびりと。
時折透けて見える魚を眺めながら、楽しかったようです。

竿・エサ付き 30分 500円です。

一通り昼の遊びが終わったら

シャワーを浴びてすっきり!

上の図面の通り、シャワーは1か所しかないようです。
とはいえ、夕方涼しくなってきて早めに利用すれば混雑はないです。

シャワー室は使用している方がいらしたので撮影はできませんでしたが、女性用ならば3つ?4つ?カーテンに仕切られたシャワーがあるのと、それぞれにボディソープとシャンプーがついていました。

男性も同じかな?

更衣室は鍵なしの棚と、扇風機、洗面台。
それから洗濯機が置いてありましたよ。

洗濯機は使用していないので不明ですが、それ以外利用は無料です。

あとは大人もお楽しみの時間

あとはもう、大人子供でBBQ!
こちらは炭捨て場もあるし、もし炭を忘れてきても売店で販売しています。
最低限のアウトドア消耗品関係は売店にあるので、なんの心配もいらずBBQ開始~♪

子供と一緒に炭をパタパタ。
炭がいい感じになるまで待てない子供には、コンロやバーナーでポップコーンを作ったり、とうもろこしをゆでたり。

それからハンディタイプのかき氷機持参で、即席かき氷やさん♪
子供たちも大喜びです。

大人もお酒を飲み、炭焼きしたものをつまみ、良い気分で時間があっという間に過ぎていきます。

 

暗くなったら、花火!

こちらでは打ち上げ花火以外は禁止されていません。
都心ではなかなか花火できる場所がないので、絶対にやりたかった事でもありました。

この日我が家が花火一番乗りだったようで、我が家の煙を合図に他の区画でも次々と。。。

ただこの日はほぼ無風で。
なかなか出た煙が流れず、キャンプ場全体がモアモアとしばらく煙に包まれていました。

花火が終わったら、簡単に片づけをして就寝

こちらでは就寝時間が21時半となっています。
なので流し場やシャワーも使用可能時間もそこまで。
21時半に間に合うように、洗い物を済ませ、歯磨きを済ませ、寝る準備をします。

本当は「子供を寝かしつけた21時半以降こそ大人の時間でしょう!」

と。張り切ってましたが、現実には暑さや子供の遊びに付き合って全員ヘトヘト。
素直に21時半には床についた私たちでした。

3連休のためレイトチェックアウトが不可

私たちは3連休の1・2日目にこちらを利用しました。

2・3日目に区画を予約する方がいらっしゃるためでしょうか。
連休の時はレイトチェックアウトは不可でした。

本当はグラススキー場など行きたかったので残念ですが、仕方ないですね。

というわけで起床後は、食事を摂り、すぐに片づけに取り掛かりつつ、子供のため少しは遊ぶ時間を確保します。

トランポリン

トランポリンは混雑のためか時間予約制でした。
しかも開始は9時からです。
レイトチェックアウトは不可のため絶対に11時には出なくてはいけませんので、1回分だけ予約して遊びます。

身体を動かす娘はとにかく楽しそう。

こちらも日陰になっているので、安心して遊ばせられます。
20分100円です。

チェックアウトをして、帰宅

チェックアウトは管理棟へチェックインの時に受け取ったファイルを返却する形で行います。

そして、このあと本当は

 www.eleven-camp.com 
イレブン オートキャンプ パーク
http://www.eleven-camp.com/kankou-top.html

このページに書いてある、周辺観光地へ行きたかったのです、お友達のお子様が朝から発熱。
はしゃぎすぎたかな。。。

なので、大事をとってこちらで解散!終了です。

金額は高めですが、非日常を味わうという意味ではホテルなどに泊まるよりは断然安いし、娘も大喜びだし、また来たいと思います!

持ち物まとめ

・テント
・テント内マット
・クーラーボックス
・クーラーボックス内にドライアイスと氷
・アウトドアテーブル
・アウトドアチェア 人数分
・BBQコンロと網や鉄板
・BBQ用トング
・炭
・着火剤
・箸や紙皿・紙コップ・ウェットティッシュ・ペーパータオルなどの消耗品
・レジャーシート
・バーナー
・大きめのフライパン(茹でるも焼くもこれ一つで可能)
・着替え、水着
・ランタン
・花火

お友達が持参して使用させていただいたもの
・ハンディかき氷器
・水タンク

金額まとめ

内容金額
キャンプ場利用料入場料1,080円/大人1人あたり
540円/子供3歳以上1人あたり
テントサイト(AC付き)5,400円
トップシーズン価格
アーリーチェックイン(11時)1,080円/1区画あたり
遊び場プール半日300円/1人あたり
1日500円/1人あたり
※付き添いの大人も支払います
クライミングウォール(ボルタリング)
小学生以下のみ
15分 100円/1人あたり
トランポリン
小学生以下のみ
20分 100円/1人あたり
ホンモロコ釣り堀30分 500円/1人あたり
※竿・エサ付き
食材この日の場合は1家族あたり7,000円で
お酒・水・お茶・ジュース・おつまみ・肉・野菜・ピザ生地・果物・氷購入
花火代
ドライアイス代4000円(アマゾンにて)

関連記事

  1. イベント・コンサート

    ふなばし三番瀬海浜公園へ潮干狩りに行ってみた

    行った日 2018年5月5日投稿日    2018年6月14日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

最近の記事

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント・コンサート

    ふなばし三番瀬海浜公園へ潮干狩りに行ってみた
  2. イベント・コンサート

    ヒーローライブスペシャル2018へ行ってみた at.グランドプリンスホテル新高輪…
  3. アウトドア

    イレブンオートキャンプパーク場へ行ってみた
  4. イベント・コンサート

    シルク・ド・ソレイユ キュリオスに行ってみた at.東京お台場
  5. 旅行

    はとバス日帰りツアー 清里高原ぶどう狩りへ行ってみた
PAGE TOP