イベント・コンサート

シルク・ド・ソレイユ キュリオスに行ってみた at.東京お台場


観覧 2018年6月2日
投稿 2018年6月12日
加筆修正 2018年7月12日


シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品

こちらの観覧に行ってみました。

 

以前からシルク・ド・ソレイユには興味はあったものの、いかんせんチケットが高い・・・

 

そんな中、最近の娘は方々に出没するパフォーマーにとても興味を示すようになりまして。

これは今が見せ時かな。と。

頑張って諭吉さんにサヨナラして行ってまいりました!

 

観覧は東京公演(お台場)です。

外観はこんな感じでテントの可愛さに娘もにっこりと記念撮影しました。

 

入場前に確認しておきたいこと

さて入場前の注意事項として、テントへの再入場・撮影・持ち込み物の飲食はNGです。

テントへの再入場禁止

場内は

・公式グッズ販売ブース
・軽食・飲み物販売ブース
・フォトスポット?的なオブジェ
・インフォメーション(子供用の椅子貸し出し・毛布貸し出し)
・場内だけど、テントの外にトイレ

があります。

小さなお子様連れは早く行き過ぎると飽きてしまうこともあるかと思いますが、遊び場となるようなスペースはありません。

一度出ると再入場ができないので子供が飽きた時の事もよく考えて、ギリギリまで外で時間を潰すなり、周りの迷惑にならない遊び道具を持参するなりして入場するとよいと思います。

 

テント内での持ち込み物の飲食は禁止

観覧しながらの飲食はOKなのですが、持ち込めるものはテント内で販売している飲食物のみ。

しかしそれが高い!
高くて買ってないけどポップコーンは1400円だったような。

しかも観覧しながら飲食OKと言いつつ、ドリンクホルダーがない!
観覧中、ドリンクが邪魔くさい!

 

次回の自分へのメモとして残します。
指定席なんだしギリギリまで場外で軽く食べて、水分補給して、手ぶらで観覧したほうがいい。

上演中撮影禁止

撮影に関しては最後のフィナーレの時だけ撮影OKとなりますが、臨場感たっぷりの写真・動画は撮れません。

少しでもその目で内容を知りたい方は上に貼っている公式サイトで一部動画がUPされているのでどうぞ。

その他入場前に

観覧スペースなんですが。
やはり演者のため、場内はひんやりしています。

毛布?ひざかけ?の貸し出しはありますが、じっと観覧していると次第に寒くなったのでカーディガンなどの羽織りものの準備があるとよいです。娘はカーディガンでも足らず、終盤私の洋服に包まるように観覧していました。
寒がりの方は忘れずに寒さ対策した方がよいです。

そして子供のみ、チャイルドシートの貸し出しもありますが、これはとても嬉しい配慮でした。
(貸し出しをお願いするには子供用半券が必要)
段床になっているので大人であれば前の着席者を気にせず観覧できますが、子供は段床でも前の大人の頭で見えない。
ただこの時点での娘の身長は98cm。
チャイルドシートを使っても、見えにくい場面はあったようです。
気になる方は、チャイルドシートは1人1つのようなのでもう一回り目線を高くできるクッションなど持参すると良いかも。

主人公の夢の世界へ

ストーリー

さてこの公演のストーリーです。

 舞台は、産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じさせる雰囲気。目に見えない世界が存在すると信じているシーカー(主人公)が、あちこちから集めた骨董品などのコレクションの中から間に合わせのアイテムで作った機械の世界に足を踏み入れるところからストーリーは始まります。風変りなキャラクターたちが主人公の想像力を刺激しようと、詩やユーモアで世界をひっくり返そうとしたとき、骨董品たちが目の前で命を宿していきます。~公式サイトより~

欧米では、11時11分になると「Make a wish!」とツイートしてお願いごとをする人が多いという。1が並ぶ「11:11」という時間は偶然が重なり合うような幸運な時間といわれている。『キュリオス』は、舞台後方の壁にかかっている時計が11:11の時を刻むところからスタートし、11:12になる頃には現実に帰るという設定になっている。現実には、たった1分間のお話のように見えて、実は大きな飛躍の夢を見ている。現実世界では考えもつかないような異世界に、あなたを誘う。 ~公式サイトより~

開演前の舞台の時計が11:06から少しずつ時を刻み、11:11になった瞬間からシーカーの夢の世界へいざなわれます。

いざ始まると圧倒されっぱなしです。

演目はこちら

タイトルを見て

・エアリアル・バイシクル

・バランシング・オン・チェア

あたりは想像がつくでしょうか。

 

バランシング・オン・チェアでは路上パフォーマーの方がよくやっているのを見かけますが。

えーと。ごめんなさい。

あれとはレベルが違いました。

 

オープニングの方で演じられるジャグリングにしても最初は

うーん。すごいけど。。。

路上パフォーマーもやってるよね。。

と思いきや。ですよ。

自然と「おおお~~~~~!」って声が出ちゃう。

 

 

とにかく、スゴイ。

実際に見ていただいて驚いて欲しいのでネタバレはやめときますが、

本当にいちいちこちらの想像を超えてきます。

素晴らしかったです。

 

 

個人的には第2幕のアクロネットが好きでした。

娘はエアリアルバイシクル。

主人はエアリアル・ストラップ。

 

どの演目も命がけだからか、

その緊張感がピリっと伝わってきたり、

成功した時の喜びを会場全体で分かち合えたり、

感情の緩急を共有できる空間で、まさに夢の中にいるような感覚を味わえて幸せでした。

 

娘はというと、やはり興奮しっぱなし。

ずううっと「スゴイ!」「スゴイ!」「スゴイよ見て!」「あっ!頑張って!」

と声を出しっぱなし。

とても楽しんだ様子で、観覧後数日はパフォーマンスのマネをするほど。
(マネと言っても新体操のような動き)

 

また行きたいと何度も言ってます。

 

座席について

ところで今回私たちは 東京公演 SS席 Ⅾ17列 で観覧しました。

舞台正面ボックスの後方の座席です。

ですが舞台を囲う形の段床ですので、S席の舞台横から観覧する形になっても十分楽しめたかな。と思います。

A席はさすがにちょっと大きなセットなどもあって見づらいかも。
演者も大体SS席正面を見て演じてますしね。

 

チケットは高額でなかなか頻繁には難しいですが、次回はS席も候補に入れて。

 

娘が「サーカス」を忘れないうちに、また行けるよう貯金をしなければと思います。

費用まとめ

チケット代 SS席 大人1人13,500円  子供1人9,500円
家族で観覧合計 36,500円 高っ!

今回実は直前に娘の発熱があり、これだけの出費に関わらず行けなくなるところでした。
次はオークションで娘の体調がいいときに、ギリギリにチケットを手に入れる形がいいかな。

関連記事

  1. イベント・コンサート

    ふなばし三番瀬海浜公園へ潮干狩りに行ってみた

    行った日 2018年5月5日投稿日    2018年6月14日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

最近の記事

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント・コンサート

    ふなばし三番瀬海浜公園へ潮干狩りに行ってみた
  2. イベント・コンサート

    ヒーローライブスペシャル2018へ行ってみた at.グランドプリンスホテル新高輪…
  3. 作ってみた

    ユニクロ UTme!でTシャツを作ってみた
  4. イベント・コンサート

    シルク・ド・ソレイユ キュリオスに行ってみた at.東京お台場
  5. アウトドア

    イレブンオートキャンプパーク場へ行ってみた
PAGE TOP